体験記

目標校に入学したばかりの先輩に体験記を書いてもらいました。 ぜひ先輩の体験を自分の受験勉強、目標校合格への糧として活かしてください。
6月の模擬試験で英語0点→8月の末の模試で54点

英語は大嫌いで、なにを聞いても左の耳から右に抜けていた。中3になるので4月から千葉義塾に入った。
その前はどこの塾にも行っていない。チェックテストでは英語だけ週2回勧められたけど、嫌で1回にした。
それでも講師がつきっきりはありがたい、学校の定期テストは予想立ててくれるのでなんとか点が取れた。
しかし、1・2年がしっかり出る、それも長文が読めない模擬テストは完全にお手上げ。でも、まさかゼロ点とは。
夏は英語だけ12回受講した。講師は、なんと塾長。おやじより年上。人生大ピンチ!!
朝、家に電話来て起こされる。朝から管理されてしんどかった。塾長は、普通は生徒見ないなんて言ってたけど、僕じゃなければ辞めてるよ。
でも、ここだけの話、お菓子くれたり結構優しかった。偏差値は、一挙に24アップ。英語47まで上がった。
塾長は模擬の結果が来て俺がやれば当たり前だと言って、さらに自慢していた。
でも僕は自分を褒めて上げたい。やっぱり僕は塾長の言うとおり頭はいいんだってよく分かった。

中2から通塾→5年間通って学習院大学合格

生徒です。私は入塾した時は社会が3であとは4です。中2になったばかりの3月2日に面談をしてもらい、
私は船橋東、できれば薬園台高校に行きたいと塾長に言いました。その時に「今からだったら薬園台でも充分狙えるよ」と塾長に言われて、帰り道すごくうれしかったのを覚えています。次の定期テストでいきなり学年で10番をとりました。千葉義塾では英数を習っていました。どういう訳か他の科目も上がりました。
英数とも5まで上がりました。ただ、受験になって偏差値がどうも上がりません。塾長は、とにかく高校名にこだわって受験してはダメだ、とにかく公立志望なのだからまずは受かることだ、志望校は下げななさいと言われました。で、翌日塾長に志望校を下げることを言いました。
塾長は「今の悔しさを忘れないで高校3年間で、志望校の生徒よりいい大学に入ればいいんだから」と私を励ましてくれました。
前の晩泣いたことは言いませんでした。その時に話してくれた臥薪嘗胆という言葉は絶対に忘れません。
高校の歴史の授業で臥薪嘗胆という意味を知っていたのは私だけでしたので、うれしかったです
高校の3年間は指定校推薦と一般入試の両方を狙い、定期試験前にはいろんな科目を受講して内申点を上げました。
結果指定校推薦で学習院合格です。千葉義塾がいいところは先生が大学受験まで同じだったこと。先生も私と同じ悔しさを持続させていたって言ってました。
5年間通っての合格です。塾長の言ったように最終ゴールは大学ですね。

中3の2学期から不登校→千葉の公立に合格

母親です。息子は中学3年になって暫くすると突然学校に行かなくなってしまいました。
原因は担任の先生の一言でした。どうということのない一言に過剰に反応してしまいました。
私の育て方が悪いのだろうと、子供の前では平静を装っていましたが、親は皆さん同じでしょうが、
自分を責めて苦しんだ時期があります。
千葉義塾は電話帳で調べて、それからホームページでシステムを知りました。
別に塾に行かなくてもいいけど、とりあえず話を聞いてみようという軽い感じで電話しました。
塾長の対応は、入塾を勧めるというスタンスでなく、
一緒に困ってしまった親戚のおじさんのような対応でしたので、驚いてしましました。
面談は主人も一緒に息子と3人で行きましたが、対応は電話と同じで、入塾するかどうかというより、どうすれば高校にいけるのかを一緒に考えてくれました。で、千葉義塾では何が出来るかな、という姿勢です。
主人と私はその場ですぐに手続きをしました。
聞けば千葉義塾には不登校の生徒はどの教室にも何名かいるそうです。
学校へ全然行っていないので、週4コマとりました。指導時間は息子の都合に合わせてくれて昼間の時間を設定してくれました。
担当は有名な野口講師。息子は他の講師では嫌がるので、全科目見てくれる野口講師にはただ頭が下がるばかりでした。でも少しでも他の講師との接触をはかったほうがいいという塾長の判断で、少し慣れた頃、ベテランの阿南講師をつけて頂きました。始め息子も不安でしたが、阿南講師もすごい講師で、あっという間に息子の気持ちをつかんでくれました。
英語以外は野口講師、英語は阿南講師という万全の体制で受験を迎えました。
ですが、偏差値は62まで上がりましたが(学校へ行っていればもっと上がっていたと思います)、
とにかく成績表自体の内申点がないのですから、受験は大変でした。
私立高校は塾長がいろいろ調べてくれ、高校の進路指導の先生とも話をつけてくれました。
千葉義塾の進路指導は、高校まで行ってくれるのですから、これ以上頼れるものはないですね。
私立高校とはいろいろありましたが、結果、公立高校合格です。息子がどうしてもレベルを下げないので、
塾長もだいぶ頭が痛かったと思います。
いま、高校へ元気に通っています。そしてかなり遠いですが千葉義塾にも続けて通っています。

小6から入塾→昭和学院秀英中学合格

母親です。今からでも間に合いますかという問いに塾長は電話では分かりませんという対応でした。
その前に電話した塾では、取りあえず頑張りましょうでしたので、ちょっと意外でした。
面談は請け負えるかどうか検討しますというのもでした。
とにかく入塾させるという姿勢でないので信頼できました。
テスト終了後は「何とか行けるかもしれませんね」という言葉に喜んでしまいました。
小6からの受験勉強スタート、それも結構ハイレベルなところを狙いたいというのですからね。
ちょっと無理かなと思っていましたから、嬉しかったですね。
夏は特訓でした。担当について下さった野口講師は、もと小学校の教師です。
受験科目すべて指導出来るので大変助かりました。
というのはうちの子は少し気むずかしいところがあるので先生と合わないとダメなのです。
偏差値は毎月どんどん上がって行きました。結果合格です。
野口講師と千葉大生の鈴木講師だけでしたので、夢のようでした。
吹奏部に入ったので週1で今も通っています。

高2から入塾→北大合格

幕張にある渋谷教育学園幕張高校に通っていました。中高一貫校です。僕は中学から入りました。英語だけがどうしても苦手で何とかしなければと思っていましたが、
数学、物理はトップクラスでしたので、何とか帳尻を合わせていました。
高校2年になるとさすがに心配になり、母にいい塾がないか探して貰いしました。
うちは浦安なのですが、母が幕張駅近くの千葉義塾を探してきました。
電話にでた塾長の対応が気に入ったらしいです。
ここからはちょっと恥ずかしいのですが、高校名を幕張にある○○総合高校と嘘をついて入りました。
ですが、塾長が選任した阿南講師には、すぐにばれてしまい、塾長から母に連絡が入ったそうです。
阿南講師は千葉義塾で10年以上指導しているベテランですので、中学生ならどこの高校に行けるレベルか、
高校生ならどの大学を狙えるか一回授業やれば分かると言ってました。
最初一コマでしたが、文法で1コマ、リーダーで1コマの2コマになりました。
出来ないところからのスタートでしたので、今までモヤモヤしていたのが、
日に日に曇り空が青空に変わっていくような爽快な感じがしたのを覚えています。
時々宿題が多いとか思い切り文句を言ったり、学校で嫌なことがあるとふて腐れて授業を受けたことがありました。阿南講師には申し訳ないと思っています。
合格の報告に千葉義塾に行って阿南講師にも挨拶しましたが、とうとう謝ることが出来なかったです。
英語の偏差値は10以上アップしました。学校の先生の僕を見る目が変わったのがよく分かりました。
阿南講師は前年度も国立大に合格させていると聞きました。すごい講師だと思います。

Newer Entries »

教室案内(幕張教室・薬円台教室・松戸教室)

幕張教室 [教室案内]
〒262-0032
千葉県千葉市花見川区幕張町4丁目615-4

※必ずご予約をしてからご来塾下さい

幕張駅[北口]から徒歩約2分 [周辺地図]
薬円台教室 [教室案内]
〒274-0076
千葉県船橋市薬園台5丁目1-7 第三林ビル3F

※必ずご予約をしてからご来塾下さい

薬園台駅[出口]から徒歩約3分 [周辺地図]

松戸教室 [教室案内]
〒271-0092
千葉県松戸市松戸1333-1
コスモ松戸ステーションスクエア208

※必ずご予約をしてからご来塾下さい

松戸駅[東口]から徒歩約4分 [周辺地図]

silhouette

〒274-0824
千葉県船橋市前原東4-16-4
小学生から社会人まで完全個人指導 学習塾なら1対1の個人指導 千葉義塾
TEL:047-493-1919
FAX:047-493-6639

Copyright© 2013–2017 小学生から社会人まで完全個人指導 千葉義塾 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi